Uncategorized

スイングトレードと言いますのは

投稿日:

デイトレードなんだからと言って、「連日トレードを行なって収益を手にしよう」などという考えを持つのは止めましょう。無謀なことをして、挙句の果てに資金を減少させてしまっては公開しか残りません。
日本と比べると、海外の銀行の金利が高いという理由で、スワップ金利が付与されるというわけです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、FXをすると付与されるスワップ金利というわけです。
最近では、いずれのFX会社も売買手数料を取ってはいないようですが、同じようなものとしてスプレッドがあり、そのスプレッドこそが現実のFX会社の儲けだと言えます。
FX特有のポジションとは、必要最低限の証拠金を納付して、ユーロ/円などの通貨ペアを「売り買い」することを指しています。なお外貨預金には「ポジション」という考え方は存在しません。

スイングトレードと言いますのは、毎日毎日のトレンドに左右される短期売買とは違い、「今日まで為替がどの様な動向を示してきたか?」といった分析が結果に結び付くトレード法だと断言します。
少ない額の証拠金の拠出で大きな売買が可能なレバレッジではありますが、期待している通りに値が動きを見せればそれに準じた利益を得ることができますが、反対になろうものならそれなりの損を出すことになるのです。
驚くなかれ1円の値動きだとしましても、レバレッジ1倍の場合は1万円の損益なのですが、10倍の場合は10万円の損益なのです。結論として「レバレッジが高くなるほどリスクも高くなる」ということです。
友人などはほぼデイトレードで売買を継続していましたが、この半年くらい前からは、より収益が望めるスイングトレード手法を採用して取り引きを行なうようになりました。
テクニカル分析をする場合にキーポイントとなることは、真っ先に貴方自身に見合ったチャートを見つけることだと思います。そしてそれを繰り返す中で、自分オンリーの売買法則を見い出すことが大切ではないでしょうか?

-Uncategorized

Copyright© 在宅勤務とFXは相性抜群 , 2020 AllRights Reserved.